交通事故の慰謝料の例

交通事故が発生した場合の慰謝料とは、被害者となり、ケガの治療費や精神 的な苦痛に当てられる金額のことです。

交通事故で慰謝料を請求出来る例として、交通事故で車をぶつけられた、歩いて いて車にはねられた、自転車を運転中に車にはねられた、交通事故による鞭打ち 症などの後遺症、あるいはなんらかの後遺障害が残った場合などがあります。事 故後に通院が必要とされる場合は、通院して治療費を請求することが出来ます。

交通事故が発生した場合に、加害者と被害者という関係が成立しますが、慰謝料 の金額はどのようにして決めればいいのでしょうか。

車を運転している人が加害者の場合には、誰もが強制的に自賠責保険に加入して いますが、自賠責保険の範囲内で補償出来ない場合は、自動車保険による補償範 囲となります。ただし、自動車保険は、任意保険なので、必ずしも加入している とは限りません。慰謝料の相場といっても、事故による被害の状況によって違う ので、支払金額はさまざまです。


交通事故の法律相談や慰謝料の算出

交通事故が発生した場合に、慰謝料を含めた損害賠償額などを算定する必要があ ります。これは、交通事故の内容、被害状況の程度に適応して計算すべき金額で す。

最も多いケースで言えば、相場の額は、加害者側が加入している自動車保険会社 より申し立てる慰謝料の金額が、原則として自賠責保険の基準や任意保険の基準 で計算した金額となり、自動車会社が示談を行う場合が多いようです。

被害者と加害者同士で話し合いをしても、冷静な判断が出来ない場合が多く、第 三者として、専門的な立場の人に間に立ってもらい、保険の範囲内で、保険だけ で補償出来ない部分は、慰謝料として必要な金額を被害者に支払います。

自賠責保険による慰謝料の相場金額は、1日当たり一律で4,200円が支給されます 。

基本的に、「入院期間+通院期間」、「実通院日数(入院期間+通院期間の中で 実際に病院に通った日数)×2」この2つを比較して、日数が少ない金額を慰謝料 に当てます。

交通事故の法律相談や慰謝料の算出などは、弁護士をたてることが可能です。 この場合、弁護士料を支払う義務が生じます。