ハウスダストアレルギーの治療と予防

ハウスダスト (House dust) とは、家屋の室内に発生する塵のことです。 ハウスダストは、アレルギーを引き起こす原因物質であると言われるアレルゲン が混合したものです。犬、猫などのペットやヒトの皮屑から放出されるフケやカ ビ、ダニ、その他の細菌などが混ざったものです。

ハウスダストアレルギーとは、その実態の多くがダニなどに対するアレルギーで あることが多いのが現状です。すなわち、ハウスダストアレルギーは、ダニアレ ルギーとほぼ同じ意味です。

ハウスダストアレルギーの症状を改善するには、適切な治療と予防対策が必要で す。

掃除機をかけて、アレルギーの原因となるアレルゲンを除去しなければいけませ ん。最近では、水フィルターの掃除機が販売されています。水フィルターがほこ りやダニをしっかり吸収します。

ハウスダストアレルギーの対策

ダニは、人間の目には見えないほど小さく、人間の肉眼で見るのは難しく、0.2〜5mm ほどの大きさです。ダニがもっとも住み心地がいい場所は、布団の中です。 毎日使う布団は、清潔にしなければいけません。

布団に住むダニを除去するための対策は、天気のいい日には布団をベランダに干 して、日光浴をして風通しをよくすることです。布団を干すときに、布団たたき で強くたたく人がいますが、布団の繊維を傷めてしまい、強くたたくことでダニ が死滅するという効果はありません。代アレルギーの症状には、咳が出たり、か ゆみをともなうことがあります。

定期的に、ふとんの丸洗いをクリーニング業者にしてもらうといいでしょう。 ダニアレルギーやハウスダストアレルギーなどの症状は、日本の国民の約30%も の人々が患っていると言われています。予防対策をすることが大切です。