歯の黄ばみの原因

現在では、歯の黄ばみで悩んでいる人や歯を白くしたいと 思っている人が非常に増えています。大人に限らず、子供 でもやはり白い歯は魅力的ですね。

歯の黄ばみの原因は、日々の生活の中に潜んでいるといわ れています。歯の黄ばみの原因となる食べ物を食べても、 十分なケアがされなければ、当然、歯が黄ばんでしまい、 それが頑固に定着してしまうのは仕方ないですね。

歯の黄ばみの原因となる食べ物といえば、喫煙時のヤニや コーヒーや紅茶のタンニン、赤ワイン、カレーなど、私達 の周りにはたくさんあります。意外にチョコレートも歯の 黄ばみの原因になるそうですよ。

これらの食品に含まれる着色色素は「ステイン」とよばれ ており、歯の表面のたんぱく質と結びついて蓄積されると いうことです。


歯の黄ばみ解消は、歯磨きやりんごやヨーグルト

歯の黄ばみを解消するには、まず、食後の歯磨きです。特 に食後30分以内は、汚れが落ちやすいといわれています。 その際、ゴシゴシと磨く必要はなく、優しく洗い流してあ げるように磨くことが重要です。

強くこすってしまうと、もともとコーティングされている 歯の表面が傷つき、その傷に汚れが入り込み、黄ばみを引 き起こす場合もあるということです。ですから、研磨剤入 りの歯磨き粉は、あまりおすすめできません。

また歯垢を除去することも大切ですので、歯間ブラシやデ ンタルフロスを使って、歯の汚れをしっかりと落とすこと が大切です。

歯磨き以外でも、りんごやヨーグルトで歯がツルツルにな るといわれており、りんごを入れたヨーグルトなら最高だ ということです。リンゴの繊維質には、歯の表面の汚れを 取る作用があり、ヨーグルトの乳酸菌が歯周病菌の繁殖を 抑えてくれるそうですよ。

他にも、重曹を使って歯磨きすることで、黄ばみを解消す ることができるとも言われていますので、気になる人は、 歯医者さんでホワイトニングをする前に1度試してみると よいでしょう。